鍋に使う野菜たち

ダイエットにもおすすめ!えのきの鍋でおいしく痩せよう!

更新日:

今回はえのきの紹介です。

しいたけに並び鍋ではよく使われる食材です。

どんな鍋に合うでとりあえず入れておこうってなりますよね。
そうですね。

他のキノコ類と一緒に入れても食感などが違うので合いますね。

ダイエットにもいいって聞くよね!

早く解説してっ!

 

えのきの旬はいつ?

天然のえのきは10月から11月ですがスーパーなどで売っているものは人工栽培なので実質旬はないと言っていいでしょう。

一年中美味しく食べれるんですね。

旬の時期を気にしなくてもいいのはとても助かります。

食べたい時に旬と同じものが食べられますからね。
秋や冬以外でも鍋でもいつでも使えるね!

 

えのきの特徴は何?

天然のものと人工栽培のものでは見た目が全然違います

天然物は黄褐色でほかのキノコ類同様大きい傘をもちます。

人工栽培物は白くひょろ長いです。

これは人工栽培が光の当たらない室内で行われているからです。

天然物とは人工栽培物は見た目が全く違いますよ。

普段から目にするのは人工栽培のものなので、始めて天然物をみるとえのきとわからないでしょう

人工栽培の白くてひょろ長いのしかみたことないなー。
使うなら人工栽培のものしかほとんど選択肢がないので、それでいいと思いますよ。
私もいつも通りのえのきがいいな。

あの食感が好きなのよね!

 

えのきの栄養価

ビタミンB1B2が豊富ですが他の食材に比べると少なく思えます。

しかし、えのきには低カロリーの食材です。

ダイエットや減量をしたい人にはおすすめできます。

栄養が少ないといっても、大変美味しく独特の食感なので鍋に入れれば他の食材に見劣りすることはないでしょう。

あと、えのきには免疫力を高める効果があるとされ、癌の予防にもいいといわれていますが、詳しいことはまだ分かっていません。

ダイエット効果だけではなく、免疫力もつくのね。

ダイエット中は栄養不足になりがちだから助かるわ!

えのきだけでもダイエットになりますが、鍋で他の食材からもしっかり栄養取りましょうね。
でも、えのきをメインにしてダイエット鍋を作るのも面白そうね。
ではこのあとえのき鍋についてもちょっと話ししますね。

 

スポンサーリンク

 

えのきを使った鍋料理ってどんなの?

豆乳鍋

白菜や豆腐などと一緒に入れましょう。

しいたけと一緒に入れてもそれぞれの良さが引き立ちます。

豆乳とキノコ類は合いますからねー!
噛めば噛むほど染み込んだ豆乳鍋のだしが出てきます。

つくねに細かく切って入れてもいいでしょう。

女子鍋御用達の豆乳鍋ね!
男同士でもよく食べますよ(笑)
相変わらず女性人気は高いですね。

豆乳鍋のダイエット、美容、健康というイメージがしっかり定着しています。

 

えのき鍋

名前そのままえのきをふんだんに使った鍋です。

鍋をメインの献立とは考えず、追加のもう一品にと考えた時にいいでしょう。

他のキノコ類と一緒にキノコ類鍋にするのも面白いです。

キノコの低カロリーという特徴を生かした鍋で、ダイエット中だけど鍋が食べたいという人におすすめです。
キノコだけじゃなくて野菜も一緒に入れれば他の栄養も摂取出来るのがいいですね。
鍋は自由に具材を変えれるので、食べる人によってアレンジなど出来るのがとっても楽しいですね。

 

調理の仕方

室内で栽培されているものがほとんどです。

なので軽く叩いて汚れを落とすぐらいで洗わなくても大丈夫です。

気になるなら軽く洗ってもいいですが、旨味も落ちて水っぽくなるので気をつけてください

まずは茶色くなっている石づきを切ります。

茶色と白色の境目を切りますが、茶色いところが残らないように気をつけてください。

入っている袋ごと切ればバラバラにならずに済みます。

洗っちゃダメなのね!

初めから綺麗ならそのまま使えるわね。

味も落ちるとは、、、
気をつけなきゃね!
もし洗うなら本当に気になるときだけです。

きれいなものだと思えば、きれいに見えるものです(笑)

 

鍋での注意点

洗いすぎると旨味が逃げてしまいますが、水っぽくなるためだしの味もえのきに入りにくくなります

味がなければあまり食べてくれる人もいなくなり、残る原因になってしまいます。

せっかく鍋に入れるのでしっかりと味が付いていてほしいですね。
なので買う時にできるだけ綺麗なものを選ぶようにしましょう。

当たり前ですが、そうすれば洗って味が落ちるのを防げます。

買う時から気をつけるのがポイントなのね!

まとめ

  • 天然のものではなく見慣れた人工栽培のものを使う
  • ダイエットをしているならえのきをメインに使った鍋がおすすめ
  • えのきは洗わずに軽く叩くだけ

このようなポイントに気をつければエノキを活かした美味しい鍋ができますよ。

どんな鍋にでも合うので明日の鍋に「もう一品」としても購入できます。

ダイエットとして注目されがちですが、秋には松茸などの高級食材も入れてキノコ鍋というのもいいですね。

-鍋に使う野菜たち

Copyright© 鍋奉行の食材選択 , 2018 All Rights Reserved.