鍋に使う野菜たち

餅を使って鍋?しゃぶしゃぶ?デザートも!?

投稿日:

今回は鍋に入れる具材でちょっと変わったもとしてお餅を紹介します。

よく焼いたりして食べるお餅ですが、鍋の具材としても美味しく食べれます。

鍋の味が餅を食べる時にダイレクトで感じ取ることができます。

鍋の具材だけではなくだしの味を楽しみたい時にもおすすめです。

他の食材だとその食材の旨味が出てだしだけの味がわかりにくくなりますが、餅はそんなことありません。

でもお餅はカロリー高そうよねー

気にしていつもあまり食べれないわ。

確かにカロリーは気になるところ。

そこのところも踏まえて鍋奉行次郎が解説をしていきます。

 

常温保管?それとも冷凍保管?

餅は常温で売られていますが、長期的に保存するなら冷凍庫に入れましょう。

常温だとカビが生えてしまいます。

冷凍する時に気をつけるのが乾燥冷凍焼けです。

乾燥や冷凍焼けをしてしまうとガサガサの餅になり水分がないので独特の弾力と食感がなくなってしまいますし、黄ばんでしまうので見た目もよくありません。

買ってきて食べなかった分をすぐ冷凍庫に入れてしまってもいいでしょう。

ずっと美味しいままで保存したいわね。

 

  • 冷凍する時は真空パックに入れたり、ラップに包みフリーザーパックに入れるなど、空気に触れないようにしておけば乾燥や冷凍焼けすることなく保存できます
  • この時出来るだけ個別梱包をし、小分けでも使えるようにしておけば楽です
  • 保存状況にもよりますが、冷凍してから1年間を目安に食べてください
  • その為、パックに入れた日付けを書いておけば目安がわかり便利です

 

正月の餅がカビてしまって捨ててた記憶があります、、、

しっかり冷凍しておけば長く使えるんですね。

ちょっと手間だけどカビさせるぐらいならしっかり冷凍したいわね。
確かに食べれる食材を捨ててしまうのはもったいないです。

 

餅のカロリーはどれぐらい?

およそ、

  • 餅は、100gあたり230kcal
  • 白米は、100gあたり85kcal

 

餅と白米のご飯と比べると白米のカロリーの方が餅の半分以下です。

ダイエット中だったりする場合は避けた方がいいでしょう。

しかし、運動をよくする人や肉体労働の人は炭水化物を摂取しないと力が出ません

健康や美容、ダイエットにいい鍋を作るのもいいですが、たまにはがっつりお腹いっぱい食べる男鍋のお供には最適です。
なんといっても美味しいですからね!
ついつい食べてしまうわ、、、

 

スポンサーリンク

 

鍋でのお餅の使い方

それではどのように餅を鍋に使うか説明をしていきます。

 

餅入りちゃんこ鍋

ちゃんこはどんな食材を入れてもいい鍋です。

もちろん餅もオッケーです。

入れ方としては、

  1. まずは普通に餅以外の食材でちゃんこを作る
  2. オーブンで餅を焼き鍋に入れる

この順番で入れてください。

 

焼き餅が鍋の中にいい具合にマッチします。

餅を煮て入れる場合は食べる時に鍋の汁に沈めてから弱火で柔らかくしていきましょう。

最初から入れてしまうと溶けてドロドロになってしまいます。

煮るのは難しそうです、、、
私にもできるかな?
一度やってみればわかると思いますよ。

どうしても不安なら油揚げに入れて餅が外に出ないように煮れば、溶け出すことがないので初心者にはおすすめです。

 

餅しゃぶ

薄くスライスした餅をしゃぶしゃぶして食べます。

煮たり焼いたりの工程がないので、乾燥して硬いまま鍋の横に用意しておきます。

食べる時に1つずつ箸で取り鍋にくぐらせます。

豚しゃぶや鯛しゃぶなどが有名ですが、餅もしゃぶしゃぶに出来ます。

長く入れすぎると溶けてしまうので注意が必要です。

つけるタレは、

  • ゴマだれ
  • ポン酢
この二つが定番で美味しいです。

ゴマだれにはすりごまを追加すればさらに濃厚になります。

ポン酢にはわさびやラー油などを入れればちょうどいい刺激になります。

餅は元々もち米なので、甘くしても辛くしても大抵は美味しく食べれるのでたくさんタレを用意して食べ比べるのも面白いです。

確かにバリエーションが多ければ豪華に見えますし、鍋奉行が仕切ってるって感が出ますよね!

今度いろいろ用意してやってみよっと!

私はデザート感覚で黒蜜とかかけてみたいなー。

大丈夫かな?

大丈夫だと思いますよ。

鍋で甘いものが合うことは少ないので、やってみる価値ありです。

白玉に近い感じになるかと思います。

そのとき鍋のだしはシンプルなものにした方が美味しくなるはずです。

鍋奉行次郎さんが言うなら確かね!

やってみよっと!

 

電子レンジで温めよう

餅をレンジで温めれば鍋に入れるより時間短縮になります。

最初から鍋に入れて火加減を失敗するとドロドロになってしまったりする原因になります。

ある程度柔らかくしてから最後に鍋に入れれば時間短縮以上に失敗のリスクを下げるという効果があります。
ドロドロにしてしまうと台無しだからね。

レンジで出来るなら簡単でいいかも。

 

レンジでやるときは、

  • 深めのさらに入れる
  • 水を少し入れて皿にくっつかないようにする
  • ラップをする
この3点を守ればきちんとできます。

温める時間は量や大きさによりますので、こまめに見てチェックしておきましょう。

 

まとめ

  • 保管は冷凍保存でする
  • 煮るより焼く方が失敗が少ない、煮るときは油揚げに入れるなどリクス軽減も視野に入れる
  • しゃぶしゃぶの時はたくさんつけダレを用意すると楽しめ、甘いものもつけダレとしてOK
  • レンジを使えばさらに簡単に鍋に使える。

上記を守れば変わり種のお餅を鍋で楽しめます。

お餅はカロリーが高いので食後の運動のお忘れなく。

-鍋に使う野菜たち

Copyright© 鍋奉行の食材選択 , 2018 All Rights Reserved.