鍋に使う野菜たち

ダイエットや美肌効果がある春菊!その栄養と効能は何?

更新日:

シャキシャキ食感で美容やダイエットに役立つ野菜として人気がある春菊

どのような栄養素が含まれてどのような効能があるのでしょうか?

女の子にとっては気になるところね。
僕も最近太り気味なんだよね、、、
鍋奉行次郎が鍋の具材でも人気がある春菊について解説していきます。

 

春菊にはどんな栄養があるの?高い栄養素は?

春菊の旬は11月から2月で、 最も美味しく鍋にもぴったりな時期です。

春菊には下記のような栄養素が多く含まれています。

 

βカロテン

βカロテンとは野菜全般に含まれ、緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

人参から発見された事でキャロット(Carrot)から名前が付けられています。

主に小腸で吸収された後に体内でビタミンAに変換されます。

βカロテンには、

  • アンチエイジング
  • 美肌効果
  • 口臭病予防
  • 発がん性リスクの低減

などの効果がありあります。

歳を取ることによって出でくる様々な衰えは体内に取り込んだ活性酸素が細胞に影響を与えるからだと言われています。
βカロテンにはその活性酸素の影響を抑える抗酸化作用があります。

活性酸素という言葉を最近よく聞きます。
βカロテンには抗酸化作用があったんですね!

 

ペリルアルデヒド

春菊の他にはシソにも多く含まれている栄養素です。
春菊やシソの独特な香りの正体がこのペリルアルデヒドです。

ペリルアルデヒドには、

  • 整腸作用
  • 消化不良の改善
  • 食欲増進
  • がんの予防
  • 咳を鎮める

といった効果があります。

あまり聞きなれない言葉ですが、春菊の他にはシソにも含まれているんですね。
あの独特な匂いは好き嫌いが分かれますよね。

ちなみに私は嫌いじゃないですよ。

 

ビタミンB群

ビタミンB群はどれか1つだけでは効果がなく、バランスよく摂取する必要があります。
日本人の食生活の中ではあまり不足することはないと言われていますが、偏った食生活などを続けていると不足気味になってしまいます。

ビタミンB群が不足すると、

  • 疲れやすい
  • 寝ても疲れが取れない
  • 集中力がない
  • イライラする
  • 風邪を引きやすい
  • 肩こり

などの症状が現れます。
普段からこのような症状が出る人は要注意です!

それと、βカロテン同様に抗酸化作用があります。

βカロテンと同じく抗酸化作用があるのね。
でもビタミンB群が不足すると美容どころの話じゃなくなってしまうわね、、、

 

カルシウム

カルシウムはミネラルの一種で骨や歯の形成に使われる栄養素です。

日本人の食生活ではカルシウム不足が深刻化しています。
積極的に意識して摂取しなければいけません。

カルシウムが不足すると、

  • 骨粗鬆症
  • 心疾患
  • 動脈硬化
  • 認知障害
  • 免疫異常
  • 糖尿病
  • 肥満

など様々な症状が出ます。

命にかかわることが多いので確実に摂取したいところです。

牛乳がカルシウム多いイメージだけど全然飲んでないなぁ。
鍋で使える春菊からも摂取できるのは嬉しいですね。

 

カリウム

人間の細胞は役60兆個あり、カリウムは細胞内で最も多いミネラルです。
体重の約2パーセントを占めると言われています。

カリウムには体内の塩分濃度を調節し不要な水分を体内から排出する効果があります。

カリウムが不足すると、

  • むくみ
  • 食欲不振
  • 高血圧
  • 脱力感

などに悩まされることになります。

むくみにも悩まされてるけど、食欲不振にもなるのね。

ダイエットは健康的に行って痩せなきゃね。

 

食物繊維

食物繊維は人間の体内で消化出来ない成分をいいます。
血液中のコレステロールや血糖値を正常に保つ効果や大腸の働きを良くする効果があります。

食物繊維が不足すると、

  • 便秘
  • 免疫力の低下
  • 脂質異常
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 大腸炎

の原因となります。

万年便秘だわ、、、
便秘が続くとお肌も荒れるって言われてるわね。

 

スポンサーリンク

 

春菊の効果や効能は何?

どのような栄養素が含まれているかわかったところで、どのような効果や効能があるのでしょうか?

主に美容に関するものについて解説していきます。

 

便秘改善

食物繊維の一番の働きと言えば腸内環境の改善です。

腸内をきれいにし、便秘の改善に役立ちます。

体内に溜まったものをしっかり排出できるのは嬉しいわ!

 

痩せやすい体づくりによるダイエット効果

βカロテンは新陳代謝を活発にさせる効果がありますので、普段の生活の中で痩せやすい体を作る手助けにもなります。
いくら運動をして食事制限をしようが、痩せやすい体を作らなければなかなか結果はついてきません。

食物繊維にはコレステロールの吸収を抑える効果や大腸の働きを促進する効果もあるので、便秘を改善しつつダイエット効果も見込めます。

体への吸収を抑えつつ排出を促せるのでダイエットをしている人には心強い味方ですね。

 

アンチエイジングや美肌効果

βカロテンビタミンB群には高い抗酸化作用があります。

抗酸化作用には、

  • 新陳代謝の促進
  • 肌のたるみ、シワ、シミなど老化に伴う衰えの抑止
  • 肌の乾燥や油症などの肌のトラブルを和らげる

など、様々な肌の悩みを解決する能力があります。

肌だけではなく体全体の老化現象を止めれますので、見た目だけではなく内臓などの体の中も若さを保つことができます。

 

上記にも似たような内容になりますが食物繊維にも皮膚の調子を良くする働きがあります。
食物繊維は腸内環境を整えることにより皮膚のコンディションを整える効果があります。

今後の肌の衰えも気になるけど、今抱えている肌トラブルの解決にもなるのでいいわね!

 

むくみの解消

カリウムが不足すると体内の塩分濃度の調整が行えません。

それに伴い体内の水分が外に逃げず、むくみやすい体になってしまいます。

運動によるダイエットを考えているならば余計にカリウムは必要になります。
汗をかくことによりカリウムも体の外に出ていき、カリウム不足に陥りやすいです。

朝起きたら顔がむくんで、夜には足がむくんでしまうの、、、
カリウムが不足してたなんて知らなかったわ。

 

 

βカロテンを効率よく摂取するには?

ここでβカロテンを効率よく摂取する方法を教えます。

熱を加える

βカロテンは熱に強いです。
ただ熱を加えるだけで効率よく摂取できます。
加熱しても栄養素が失われることはありません。
それどころか生で食べるより、約3倍吸収できると言われています。

そう、鍋にはぴったりなんです!

もちろん鍋には他の野菜やお肉、魚介を入れますよね?
たくさんの栄養素を一回の食事で摂取できます。

おすすめは寄せ鍋です。
集まった仲間で好きな食材を入れるのもいいですが、栄養素のことを考えた健康鍋を作ってみるのも鍋奉行の腕の見せ所です!

-鍋に使う野菜たち

Copyright© 鍋奉行の食材選択 , 2018 All Rights Reserved.