鍋に使う魚介類たち

鍋!しゃぶしゃぶ!下処理いらずのタコ足ボイル

更新日:

日本人はタコが大好きです。

世界の消費量の半数以上が日本を占めています。

日本人にとっては欠かせない海の食材であるこの「タコ」を上手に使う方法やポイントを紹介していきます。

 

タコはどんな鍋に合うの?

前にタコを使って鍋を作ったことがあるよ!
でもその時はいろいろな具材をたくさん入れてたからあまりタコの良さがわからなかったわ。
タコは食感がいいですよね!

ですが、ほかの食材にその独特の食感が邪魔されやすいのもタコの特徴です。

ほかの食材は入れないほうがいいですか?

いろんな食材を楽しみたいんだけどな、、、

鍋はお肉や魚介、野菜などいろいろな食材を食べることができるのが特徴ですからね。

タコ単体でも十分においしいですが、ほかの食材と一緒に鍋に入れるときのコツを教えましょう。

お願いします!
タコはすごく万能な食材です。

主にカットの方法でタコの美味しさと独特の食感を引き出すことができます。

おすすめの活用法を紹介していきます。

 

キムチ鍋

カットの方法はぶつ切りです。

気持ち大きめで切っていきましょう。

 

  1. タコをぶつ切りにする
  2. 鍋に早めに入れキムチの旨味をしっかりと入れる

 

コリコリとした食感が切っただけで想像できるね!
でもタコを早めに入れて大丈夫ですか?
タコは少し硬くなってもキムチ鍋なら大丈夫です。

その方がより歯ごたえがあり噛めば噛むほどキムチの旨味が出てきます。

よだれが出てきちゃう、、、

 

根菜もタコと一緒に入れれば味が染みおいしくなります。

硬くなるのが嫌な人はタコを入れるのを遅らせるか、火の強さを弱めてください。

 

海鮮鍋

カットの方法はみじん切りです。
そんな方法じゃタコの味や食感がわからないですよ!
海鮮鍋ではタコだけが主張してはいけません。

そんな時に役に立つのが「つくね」です。

 

  1. タコをみじん切りにする
  2. 生のつくねを用意しそこに混ぜる。
  3. 形が崩れないように鍋に入れる

 

以上!

これだけのちょっとしたひと手間です。

なるほど~

ただ細かく切って入れるわけじゃないんですね。

みじん切りのまま鍋に入れないというのは、当たり前と言えば当たり前だね(笑)
鍋に食材をそのまま入れる人が多いですが、ここではあえてひと工夫。

多少食感は犠牲になりますが、つくねにすることにより海鮮鍋の中にお肉も入れることができるので鍋に変化を持たせることができます。

 

つくねを作るときは1つのつくねに1つの食材を入れることをおすすめします。

複数の食材を入れるとお互いがつくねの中で味が邪魔してしまいます。

海鮮鍋のつくねにタコ以外も入れるのであれば、エビやにんじん、レンコン、大葉などを入れるのも美味しいです。

 

しゃぶしゃぶ

カットの方法はスライスです。
  1. タコを薄くスライスします
  2. お湯に通します

 

おすすめのタコしゃぶの食べ方

  1. 鍋に水を張り、だし昆布をいれお好みの量の料理酒を入れ沸騰させます
  2. タコの身が白く縮んできたときが食べ頃です(ボイル済みはさっと湯に通すだけでOK)

 

しゃぶしゃぶと言ったら薄く切って食べたいわね!
タコしゃぶは何につけて食べたらいいですか?
ポン酢をつけるのが一般的ですが、お刺身感覚で醤油や味噌をつけ味を変えるのも楽しいです。

それとタコは肉と同じくアクが出るのでこまめに取ってくださいね。

 

半解凍のほうが切りやすいです。

できるだけ薄く切ったほうがしゃぶしゃぶには最適です。

 

スポンサーリンク

 

どの商品を買えばいいの?その商品の特徴は?

鍋奉行次郎がおすすめするのは

北海道網走水産さんの「身の締りが良くこりこりとした食感と甘み」お刺身たこ足ボイルです。

色々な鍋を作るときは必ずこれを買い使い分けをしています。

汎用性だけではなく味や食感、栄養価などどれをとっても高評価です。

商品の特徴

この商品のいいところを教えて!
たくさんあるので1つづつ教えますね。

 

 

  • 足の部分がボイルしてあるので、下処理に時間が取られることがない。
下処理がいらないので、タコの調理に慣れていない人でも安心して使えます。
これはタコがまるごと入っているんじゃないんですか?
はい。

足の部分だけ入っています。

タコで一番使い勝手がいいのが足になります。

私はイイダコ以外でタコの頭はあまり鍋に入れたことはありません。

 

 

  • 足が丸ごと入っているので好きな大きさや切り方を選べるます。
さっきも紹介があったぶつ切りにしたりみじん切り、スライスと切り方をわけるならこれがベストだね。
となるとカット済みよりも自分で切った方が人数分の取り分けを考えるときにも無駄なく良さそうですね!
大学のサークルメンバーや親戚の集いようなたくさんの人で鍋をするときには何種類もの鍋を用意すると思います。

カット済みだと鍋に合った切り方ができません。

こっちでしゃぶしゃぶ、あっちでキムチ鍋というような場合はこの商品でスライスとぶつ切りが用意できますね。
キムチ鍋はやっぱり食感重視のぶつ切りに限るよね。

 

 

  • 北の海で育ち、身の締りが良くこりこりと歯ざわりが良く強い食感と甘みが特徴です。
せっかくタコを使うのですから食感と甘みがなくては話になりません。

この商品は私が購入してきたタコの中でもトップクラスに食感と甘みがあります。

カット済みのものだと切った後に再冷凍を行うので、鮮度が落ちてしまい食感と甘みが失われてしまっているものもたくさんあります。

ですが、この商品は安心して使えます。

みんなが集まる場でがっかりしたのもを出したくないですからね。
やっぱり食べるものなら美味しいものよねー!
このタコ足ボイルのようにいい食材を使えば、他のものは使えなくなくなるのもうなずけます。

 

 

  • 栄養価が高く、豊富に含まれるタウリンには疲労回復や血中コレステロールの低下、肝機能の改善などとストレスの軽減や生活習慣病予防に最適です。
何といってもタコにはタウリンがたくさん入っています。

この商品は鮮度がよくしっかりと味が閉じ込められているので効果もかなり期待できます。

タウリンと聞くと栄養ドリンクによく使われていますね。

タコにも入ってるなんて知らなかったです!

なので、会社の同僚と食べるときに疲労回復の効果があると伝えると喜ばれますよ。
「最近忙しくて」ってときに誘って食べたいですね!

 

 

  • 低脂肪・低カロリー・高タンパクなので、ダイエットにもおすすめです。
健康ブームということもあり、この特徴が一番いいという人も多いです。
鍋だとついつい食べ過ぎちゃうってことが多いのよねー、、、

でも、カロリーが低いからたくさん食べても平気ね!

タンパク質が多いので筋肉量を落とさずに済むという点でも優れていますね。

同じ理由としてプロテインダイエットが注目を集めていますが、タコも同じ効果があります。

 

 

  • 用途は鍋以外にもさまざまで、お刺身や唐揚げにも使える。
鍋パーティの時の一品料理としても非常に役に立ちます。

鍋ができるまでのお刺身としてさっと提供したり、揚げ物を作るときにもこのタコ足ボイルは最適です。

初めて鍋を作るときは要領悪かったりするので何か一品料理が提供できるのは助かります、、、
鍋を作りながらつまんでもいいね!

 

まとめ

  • タコを使うなら何でも使えるたこ足ボイルを使う
  • 鍋に合ったカットをする
  • 食感と甘みが強いものを選ぶ

 

鍋奉行次郎おすすめのタコ足ボイル>>北海道網走水産

 

こちらのサイトは鍋奉行次郎もよく利用するサイトです。

タコ足ボイル以外の魚介も豊富です。

他の商品と同封も可能なので色々探すのも面白いです。

-鍋に使う魚介類たち

Copyright© 鍋奉行の食材選択 , 2018 All Rights Reserved.