元気女性

鍋に使う野菜たち

大根の辛味はイソチオシアネートの仕業だった!

更新日:

 

イソチオシアネートって言いにくいし、聞きなれない単語ですねー。

どうして栄養成分名ってこう難しい名前にするんですかねぇ・・・。

イソジン?
違う違う!イソチオシアネートだよ!

今回は、そのイソチオシアネートの摂取方法と効果について解説していきたいと思います。

とても重要な成分なのでこの機会に是非知識をつけていってくださいね!

 

イソチオシアネートって何?

 

イソチオシアネートとはアブラナ科の野菜に含まれる成分で、辛味があります。

アブラナ科の野菜達

大根、カイワレ大根、小松菜、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、水菜、白菜、などなど・・・

 

大根とかカイワレ大根なら辛味があるのは分かるけど、キャベツに辛味ってありましたっけ?
少し複雑な話になるからなるべく簡単に説明しよう。

 

アリルイソチオシアネートって何よ?

 

大根を例に説明するね。そもそも大根を普通に食べてもイソチオシアネートは摂取できないんだよ。

辛味はイソチオシアネートにあるものではなく、正式にいうとイソチオシアネートから生成される、アリルイソチオシアネートが辛味成分を持っています。

全然意味が分かりません。頭が混乱してきました。
そもそも大根って辛味があるイメージだけど、実際には大根おろしにすることによって辛味が発生するんだ。

すり潰すことによって細胞壁が壊されイソチオシアネートと酸素ミロシナーゼが反応することによってアリルイソチオシアネートが生成されます。

大根って煮ると甘くなるよね?それはアリルイソチオシアネートの生成に必要な酸素にロシナーゼが熱に弱いことが原因なんだ。
なるほど・・・何となく理解しました。確かにキャベツも千切りにすると少し辛味が出るような気がします。
鍋奉行の私が言いたいのは、大根おろしたっぷりのみぞれ鍋を食べてイソチオシアネートをたくさん摂取しようということなんだよ。
ぉ・・・おぅ。ところでイソチオシアネートってどんな効果があるんですか?

イソチオシアネートを摂取するにあたって大根おろしはとても適した野菜であり、調理方法だと言えます。

 

イソチオシアネートの効果は?

 

  • 消化促進や食欲増進効果があるよ
  • 抗菌、抗炎症作用があるよ
  • 肝臓の解読作用を高めることによって、2日酔いの改善さらには発癌の抑制効果もあるよ
  • 抗酸化作用があるよ
  • アミノ酸の生成を助け、代謝を高めることによってダイエット効果があるよ

このようにたくさんの健康効果、さらにはダイエット効果までありますね。

大根の他の栄養素についても解説していいかの?
ぇ、ぇぇ・・・お願いします。

健康に気をつけたいけれど野菜を食べないあなたへ、これらの栄養を青汁から摂取するという方法もあります。

現在人気な青汁を参考までに紹介しておきます>>青汁なのにおいしい!85%と評価!森永製菓のおいしい青汁

大根は全ての部位が栄養だらけ!?

 

大根は全ての部位を食べることができます。

ですので、大根に捨てるところはないのです!それでは順番に解説していきます。

大根の葉の栄養はほうれん草並み!?

大根の葉を炒め物などにして食べたことがある人もたくさんいることでしょう。

実は大根の葉には、葉のくせにほうれん草と同じくらいの栄養があるんですよ!

具体的な栄養素として・・・

  • βカロテン(体内でビタミンAに変換されます。抗酸化作用あり!)
  • ビタミンC(シミの予防や改善に役立つ美容効果あり!)
  • ビタミンK(ビタミンKが不足するとアザができやすかったり鼻血が出やすくなったりといった症状が出ますので、しっかりビタミンKを摂取しましょうね。)
  • 鉄分(鉄分と聞いて思い浮かぶのはほうれん草ではないでしょうか?鉄分には貧血予防、疲労回復、骨や歯を丈夫にする効果がありますよ!)
  • カルシウム(牛乳嫌い魚嫌いな人はカルシウム不足な可能性大!高血圧予防、骨粗しょう症予防、イライラ解消などの効果があります。)

このように大根の葉は栄養の宝庫といっても過言ではありませんね。

葉だかといって捨てないようにしましょうね!

 

大根おろしは皮ごとすりおろしちゃおう!

大根の皮にはビタミンCが豊富に含まれているので大根おろしにする際には皮ごとすりおろすのがベストです!

大根の根には美肌効果も!?

大根の根の部分はほとんどが水分で生成されています。

アミラーゼなど消化酵素の栄養分が豊富に含まれており、胸焼けや胃もたれを予防してくれます。

ビタミンCも豊富に含まれていることから美容効果も得られることができます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

普段何気なく食べていた大根にこんな成分があったなんて!と思った人が大半だと思います。

今回取り上げた栄養素であるイソチオシアネートは大根以外からでも摂取可能なのですが、今回は鍋奉行次郎のおすすめ摂取方法ということで大根を取り上げさせていただきました。

大根おろしを使ったみぞれ鍋も後々紹介していきたいと思います。

それでは良い鍋ライフを〜。

鍋奉行次郎でした。

 

 

-鍋に使う野菜たち

Copyright© 鍋奉行の食材選択 , 2018 All Rights Reserved.